年間400冊以上の本を読む読書マニア小学生のおすすめ児童書の記録

年間400冊の本を読む読書マニアな息子【小学生】が読んだ本を、息子と父親がその都度評価します!

完読して自信がつく!小学生にオススメの児童書シリーズ作品10選 その2

 

前回も紹介した完読シリーズの第二弾です。今回は、中学年から高学年向けのシリーズ作品を紹介したいと思います。第1巻を読んで見て面白ければ、そのまま完読できると思います(もちろん、うちの2年生の息子は楽しく読めているので、読書に自信があれば低学年からでも十分楽しめると思います。)

 

①銭天堂シリーズ(2018年2月現在8巻)

ふしぎ駄菓子屋銭天堂(全7巻セット)

ふしぎ駄菓子屋銭天堂(全7巻セット)

 

不思議な駄菓子屋に、子どもが迷い込んでくる。それぞれ悩みや願い事があり、それを叶えてくれるダジャレ風な駄菓子が登場する。しかし、説明書をよく読んで守らないと、痛い目にあってしまう。そのハラハラする感じが、すごく面白い。ちゃんと悪い子には悪い結果になるような教訓が織り込まれていたり、時にはほっこりするような話もあり、男女ともに楽しめるだろう。駄菓子屋の店主の紅子のシュールさや内容は、大人世代からすると世にも奇妙な物語の子ども版という印象。”欲に負けてはいけない”とか、”悪いことをすると自分にも帰ってくる”のような教訓話を楽しく読めるようになっている。一冊で4,5話のショートストーリーなので気軽に読める。図書館でもなかなか在庫がないくらい人気なようだ。ちなみに息子的には、現在No1に面白いそうだ。挿絵少なめ、漢字多め。中学年〜高学年にオススメ

 

②怪談オウマガドキ学園シリーズ(2018年2月現在25巻)

怪談オウマガドキ学園(1)真夜中の入学式

怪談オウマガドキ学園(1)真夜中の入学式

 
怪談オウマガドキ学園 第1期[図書館版](全5巻) (怪談オウマガドキ学園[図書館版])

怪談オウマガドキ学園 第1期[図書館版](全5巻) (怪談オウマガドキ学園[図書館版])

 

ウマガドキ=逢魔刻(夕方の薄暗くなる、昼と夜の移り変わる時刻。黄昏どき。魔物に遭遇する、あるいは大きな災禍を蒙ると信じられた)この意味のごとく、妖怪たちがオウマガドキ学園という学校に通いだして、妖怪や人間世界について色々と学んでいくお話。妖怪側から見た人間界を、説明しているため、結構理科的要素もあり、面白いばかりでなくちゃんと勉強的要素も含まれた作品。まだ読み出したばっかりだが、かなり好きなようだ。 これも短編集なので、読みやすいが、25巻あるのでまだまだ楽しめそうだ。中学年〜高学年にオススメ

 

③らくご長屋シリーズ(2018年2月現在10巻)

らくご長屋〈1〉わんぱく長屋の寿限無

らくご長屋〈1〉わんぱく長屋の寿限無

 

落語をベーズにこどもでも読みやすくした作品。おそらく好みが別れると思うが、息子はクスクス笑いながら読んでいて、すごく好きなようだ。調べてみると作者の方は、落第忍者乱太郎というコミックを60巻も出しており、これは、Eテレでやっている”忍たま乱太郎”の原作だという。通りで好きなわけだと納得してしまった。中学年〜高学年にオススメ

 

④きつねのかぎやシリーズ(2018年2月現在10巻)

かいぞくのおたから (キツネのかぎや 1)

かいぞくのおたから (キツネのかぎや 1)

 

かぎやのきつねが、その特技を用いていろいろな冒険を繰り広げる物語。これは単純に男の子が好きそうな冒険もの。ワクワクする話が好きな人におすすめ。低学年〜中学年にオススメ

 

⑤ぼくはめいたんていシリーズ(2018年2月現在10巻)

ぼくはめいたんていAセット(全5巻セット)

ぼくはめいたんていAセット(全5巻セット)

 
ぼくはめいたんていCセット(全6巻セット)

ぼくはめいたんていCセット(全6巻セット)

 
ぼくはめいたんていBセット(全6巻セット)

ぼくはめいたんていBセット(全6巻セット)

 

 アメリカで大人気のちびっこ名探偵シリーズの翻訳版。日本語訳になったのは30年以上前とのこと。主人公のネートが毎回難事件を解決する物語。話の中に出てくる食べ物のレシピが載っていたりと、推理以外でも楽しめる要素が入っている。これは、どちらかと言うと、低学年にオススメ。

 

⑥ミルキー杉山のあなたも名探偵シリーズ(2018年2月現在15巻)

ミルキー杉山あなたも名探偵(全15巻セット)

ミルキー杉山あなたも名探偵(全15巻セット)

 

 わんわん探偵団   にゃんにゃん探偵団

 これも探偵もの。もちろん大人のミステリーとは違って、事件は身の回りの何気ない出来事だが、うまく推理していて、楽しませてくれる。あなたも名探偵シリーズの他に、わんわん探偵団やにゃんにゃん探偵団もだしており、これらもオススメ。低学年〜中学年にオススメ。

 

⑦おしごとのおはなしシリーズ(2018年2月現在14巻)

おしごとのおはなしセット

おしごとのおはなしセット

 

 おしごとのおはなし パイロット パイロットのたまごおしごとのおはなし コックさん のはらキッチンへぜひどうぞ (シリーズおしごとのおはなし)おしごとのおはなし 獣医さん めざせ! 動物のお医者さんおしごとのおはなし 警察官 交番のヒーロー (シリーズおしごとのおはなし) 

小学生にとってあこがれの職業(サッカー選手、警察官、お花屋さん、お医者さんなど)にまつわるお話。最近でた感じで、どれも新鮮だ。それぞれのお仕事についてのやりがいや、大変なこと、楽しいことなどを織り交ぜてうまくまとまっている。将来の夢の参考になりそうなシリーズ。男女とも楽しめそうだ。低学年〜中学年にオススメ

 

 ⑧すすめおにぎりコロコロ(2018年2月現在5巻)

ススメおにぎりコロコロ〈その1〉米の巻

ススメおにぎりコロコロ〈その1〉米の巻

 

 ススメおにぎりコロコロ〈その2〉野菜の巻ススメおにぎりコロコロ〈その3〉魚の巻ススメおにぎりコロコロ〈その4〉豆の巻ススメおにぎりコロコロ〈その5〉梅の巻 

表紙の見た目は、アンパンマン的な感じで少し幼稚な印象を受けるが、あなどることなかれ。内容は、各食材をテーマにかなり詳しく解説してある。例えば、その5の梅の巻では、梅に関する豆知識が豊富に含まれていて、産地や加工方法、植物としての分類など、理科的要素満点のシリーズ。理系家族なので、どうしてもこういうのを手にとってしまうんだな−。5巻ということで、シリーズとしては少ない方だが、今後新刊を楽しみにしています。

 

 ⑨日本の神話シリーズ(2018年2月現在10巻)

ヤマタノオロチ (日本の神話)

ヤマタノオロチ (日本の神話)

 
日本の神話(全10巻)

日本の神話(全10巻)

 

 やはり、日本人なら日本の神話くらいは、知っておいてもらいたい。今は、日本の神話についての子供用の本もたくさんあるが、以外にシリーズとしてはあまり見かけない。上記の西野さんのシリーズが読みやすいかな。

 

⑩なん者ひなた丸シリーズ(2018年2月現在15巻)

斉藤洋のなん者・にん者・ぬん者(全15巻セット)

斉藤洋のなん者・にん者・ぬん者(全15巻セット)

 

 なん者ひなた丸ねことんの術の巻 (なん者・にん者・ぬん者)なん者ひなた丸 月光くずしの術の巻 (なん者・にん者・ぬん者)なん者ひなた丸 火炎もぐらの術の巻 (なん者・にん者・ぬん者)なん者ひなた丸 千鳥がすみの術の巻 (なん者・にん者・ぬん者) 

斉藤洋先生の忍者をテーマにした作品。表紙の可愛らしさとは裏腹に、中身は結構字は小さめで漢字も多く読み応えがある。忍者の見習いの主人公が、毎回いろいろな忍術を駆使して、問題を解決していく時代劇風な作品。中学年男の子にオススメ。

 

以上10作品を紹介してみました。ぜひ読んでみてください!

その1もよろしくお願いします。

 

完読して自信がつく!小学生にオススメの児童書シリーズ作品10選 - 年間400冊以上の本を読む読書マニア小学生のおすすめ児童書の記録

 

 

#23 ピーポポ・パトロール 百本きゅうりのかっぱのやくそく

#23 ピーポポ・パトロール 百本きゅうりのかっぱのやくそく

百本きゅうりのかっぱのやくそく―ピーポポ・パトロール
 

・オススメ度 ★★★☆☆
・おもしろ度 ★★★☆☆
・ワクワク度 ★★★☆☆
・感動的要素 ★☆☆☆☆
・勉強的要素 ★★★☆☆
・読みやすさ ★★★★★
・漢字の量 ★☆☆☆☆(ふり仮名:有り)

(息子)

  子供のひとしは、フリーマケットでお古のおもりゃのパトカーを買ってもらった。このパトカーは、息切れしているようなサイレンを鳴らしていたので、ピーポポと名付けた。ピーポポには不思議な力があり、夜に困っているおばけがいると、助けに行くのです。

 ある晩ひとしは、ピーポポに乗ってひょうたん池に行った。その池には、ひゃっぽんのきゅうりを誰にも見られずに、一本ずつどどけると、会いたい人を見られるというかっぱの鏡を貸してくれる伝説があった。これを知った女の子は、田舎にいる妊娠中のお母さんに会いたいので、毎日一本づつきゅうりを届けた。そして、そこにいたかっぱのさんたは、それを毎日食べていた。ひとしが、来た日はちょうど100本目のきゅうりが届けられる日でした。そこで、ひとしとさんたは、ピーポポパトロールカーに乗って、かっぱの鏡を探しに大川の滝つぼに行きました。そこで借りた鏡を女の子に届け、お母さんに会うことができました。

#22 ネッシーのおむこさん

#22 ネッシーのおむこさん

ネッシーのおむこさん (新・創作えぶんこ)

ネッシーのおむこさん (新・創作えぶんこ)

 

息子的評価

 ・オススメ度 ★★★★☆
・おもしろ度 ★★★★★
・ワクワク度 ★★★★☆
・感動的要素 ★★★☆☆
・勉強的要素 ★★☆☆☆
・読みやすさ ★★★★★
・漢字の量 ★☆☆☆☆(ふり仮名:有り)

 

(息子)湖に住む日本のかいじゅうザブーは、お年頃なので、そろそろお婿さんがほしいなと思っていた。ラジオで知ったネッシーに会いに行こうと思った。しかし、探している途中で、人間たちに捕まりそうになったり、怪我をしたりしたけど、最後にはネッシーに出会い、幸せに暮らしました。

読書と要約力と語彙力と

読書と要約力と語彙力と

 

久しぶりの更新です。これまでの間、息子は読書をサボッていたのではなく、今まで通りに週に10冊程度読んでおります。しかし、読む本がだんだんと長い物語になってきて、それを要約をするのが、2年生にとっては難しくなってきてしまった。。

そもそも、本ブログも、読書記録とともに息子に、読んだ本の概要を要約させるために開始したものだ。そこで、少し要約の練習をさせようと思い、ブロブへの投稿を休憩しております。

 

そこで、なぜ息子に要約力をつけさせたいか書いてみようと思う。

 

まず、親の本心としては、読書を通じて以下のことを息子に伝えたいと考えている。

 

①読書の楽しみ

②読書を通じてたくさんの疑似体験をし、人生を豊かに送るヒントとしもらう

③読書を通じて、いろいろな人の気持ちを感じて欲しい

④読書を通じて、科学、社会、歴史など、いろいろな知識を得て欲しい

⑤読書に慣れることで、国語の成績を上げたい

⑥たくさんの漢字と語彙を知ってほしい

⑥学問は、読書が基本なので、どんな分野にでも役に立てて欲しい

⑦受験にも役立てて欲しい

⑧文章を書く能力も向上させられないか

 

などなど、挙げればきりがないが、個人的には「読書」にはたくさんの効能があると思っている。父(私)自信、子どものころは、読書のど「ど」の字もしていなかったため、受験期になって非常に苦労した。その苦い経験を踏まえて、息子には読書好きなってもらいたかった。まあ、今は期待以上に読書好きになってくれたので、ホッとしている。よいことではないが、寝る前に読書をすると、眠くなければ12時を回っても読書し続けてしまう。。。

 

そこで、この読書を、今後受験(中学〜大学)にも役立てるために、「要約」大事だと考えた。

 

教育本でも、要約が役に立つと歌っている本がいくつかある。

読んだ本を紹介しておく。

 

要約力を鍛えるとどんな子も「本物の国語力」が身につく

要約力を鍛えるとどんな子も「本物の国語力」が身につく

 
国語って、子どもにどう教えたらいいの?  音読から読解問題、作文・読書感想文まで、効果抜群のアドバイス集

国語って、子どもにどう教えたらいいの? 音読から読解問題、作文・読書感想文まで、効果抜群のアドバイス集

 

 受験などの入試問題を時間内に正確に解くためには、文章の中心課題を端的に抽出できることが大事だと言われる。これを小さいときから少しづつやっていれば、将来役に立ってくれると思う。受験だけではなく、会社でも、報告書や日報を端的にわかりやすく書くには、要約力が必要である。

 

しかし、問題は、要約については、算数のように答えがひつつではなく、正解があいまいである。。子どもが読む本を、親がすべて読むのには、少し無理がある。そこで、何か低学年でもできそうな問題集をさがした。しかし、国語の問題集はたくさんあるが、その中にほとんど要約のものは見つからなかった。そこで、低学年でも少し難しくてもできそうなものを探したので、実際やっているものを紹介する。

 

要約の特訓 上―楽しく文章を書こう (国語読解の特訓シリーズ 27)

要約の特訓 上―楽しく文章を書こう (国語読解の特訓シリーズ 27)

 
要約の特訓 中―楽しく文章を書こう (国語読解の特訓シリーズ 28)

要約の特訓 中―楽しく文章を書こう (国語読解の特訓シリーズ 28)

 
要約の特訓 下(実践編)―楽しく文章を書こう (国語読解の特訓シリーズ 37)

要約の特訓 下(実践編)―楽しく文章を書こう (国語読解の特訓シリーズ 37)

 

 「上」でも、低学年には少しむづかしいが、息子は何とかできている。(まず、一部の漢字にしかふり仮名が書いていないし、内容は中学年以上のものだろう)まずは、短い文章を要約し、徐々に長くなっていく。穴埋め式で、だれ、どんな、どうなった、などヒントがあるので、一人でもできるように作られている。問題集としては、わかりやすくできている。

 

 ドラえもんづきなので、下の本を与えて、見る予定。本を読む時のポイントが詳しく書かれている。「5W1H」法でまとめると、あらすじがかけちゃうなど、要約トレーニングの要素があるので、良さそうだ。

 

 普段の学習として、下の特訓ドリルの読解力を用いている。今2年生だが、3年生でちょうどよい感じ。程よく筆記問題もあり、バランスがよい。

特訓ドリル小3国語読解力

特訓ドリル小3国語読解力

 

 

そして、最後に、要約力と一緒に伸ばしたいのが「語彙力」だ。これから、中学年、高学年となるに連れて、むづかしい表現が増え、表現豊かな本になっていく。細かな表現の中に、キーとなる箇所が隠れていることがあり、その意味や真意を読み解くことが大事になってくる。そして、これが読書の楽しみでもあり、醍醐味でもあるといえると思う。そこで、語彙力とことわざ強化に役立つ本を探した。

 

やはり、ドラえもん好きということで、以下のものを買い与えた。面白いらしく何回も読んでいる。

 

ドラえもんの国語おもしろ攻略 言葉の力がつく (ドラえもんの学習シリーズ)

ドラえもんの国語おもしろ攻略 言葉の力がつく (ドラえもんの学習シリーズ)

 
ドラえもんの国語おもしろ攻略 ことわざ辞典 (ドラえもんの学習シリーズ)

ドラえもんの国語おもしろ攻略 ことわざ辞典 (ドラえもんの学習シリーズ)

 

  というわけで、読書だけでなく、要約力・語彙力を強化すれば、より読書が楽しく、国語も得意になってくれたらいいなと思う、今日このごろです。

ではでは。

 

 

#21 脱走ペンギンを追いかけて

#21 脱走ペンギンを追いかけて

脱走ペンギンを追いかけて (いのちいきいきシリーズ)

脱走ペンギンを追いかけて (いのちいきいきシリーズ)

 

息子的評価

・オススメ度 ★★★★☆
・おもしろ度 ★★★★☆
・ワクワク度 ★★★★☆
・感動的要素 ★★★☆☆
・勉強的要素 ★★☆☆☆
・読みやすさ ★★★★☆
・漢字の量 ★★★★☆(ふり仮名:一部有り)

(息子)

主人公のこうたは、転校してきてお友達が一人もいなかった。東京の動物園のペンギンが一羽脱走してしまい、誰も見つけることができなかった。それをニュースで知ったコウタは、スイミングが同じ男の子と一緒に、ペンギンをさがすこととなった。探す計画を立て、協力しあったり、ケンカをしたりしながら、友情を深めていく作品です。最後にペンギンを探すことができたのか・・・。

(父)

最近(2016年)発売されたもので、すごくお気に入りの作品になりそう。少年の友情や葛藤などをペンギン探しを通じて描かれた作品。小学二年生にはちょっと量、内容ともにレベルが高いかな。中学年向き。

 実は調べてみると「いのちいきいきシリーズ」というシリーズ物であることがわかった。作者はそれぞれ違うので、それはそれで、どのような作品に仕上がっているか今後読んでみたい。参考までに、読みたいものをあげておく。

蒼とイルカと彫刻家 (いのちいきいきシリーズ)トイプードル警察犬 カリンとフーガ (いのちいきいきシリーズ)すてもる (いのちいきいきシリーズ)ハナゴンドウのノンちゃん (いのちいきいきシリーズ) 

 

春の海、スナメリの浜 (いのちいきいきシリーズ)おかえり! 盲導犬ビーン (いのちいきいきシリーズ)ふくろう茶房のライちゃん (いのちいきいきシリーズ)ムササビ ムーちゃん (いのちいきいきシリーズ)

 

 

 

 

 

 

#20 ぼくはめいたんてい ハロウィンにきえたねこ

#20 ぼくはめいたんてい ハロウィンにきえたねこ

ハロウィンにきえたねこ―ぼくはめいたんてい

ハロウィンにきえたねこ―ぼくはめいたんてい

 

 

息子的評価

・オススメ度 ★★★★☆
・おもしろ度 ★★★★☆
・ワクワク度 ★★★★☆
・感動的要素 ★☆☆☆☆
・勉強的要素 ★★★☆☆
・読みやすさ ★★★★☆
・漢字の量 ★★☆☆☆(ふり仮名:有り)

(息子)

 ハロウィンの日に、主人公のネートは、仮装した子供たちが家にやってくるのを、犬のスラッジと待っていました。そして、急にドアをひっかく音がして、開けてみると友達のアニーの犬のファングがいた。ファングにハロウィンのお菓子をあげました。次に、チャイムがなり、友達のアニーとロザモンドが来ました。二人にもお菓子をあげようとしたが、ロザモンドはいらないと言い、たのみごとがあると言った。それは、4匹いるネコのうち、小さいヘックスを探してほしいと頼みました。

 さっそくネートとスラッジは、ネコを探すため、聞き込みしたり、そうさくしたりした。しかし、ネートは、ヘックスたちがいる古やしきに行ったときに、閉じ込められてしまう。二人は協力して、抜け出しながら、事件を解決していくお話です。

(父)

この「ぼくはめいたんてい」シリーズは、いままでも何度か読んでいる。内容もおもしろく、小学低学年でも楽しく読み進めることができる。これまで、

ぼくはめいたんてい なくなったかいものメモ (ぼくはめいたんてい 新装版)

きえた犬のえ (ぼくはめいたんてい 1)

にげだしたファングをさがせ!―ぼくはめいたんてい

の4冊を読んだが、調べてみると、全17巻のシリーズものであることがわかった。(いつも行く図書館には全部は揃っていなそうだ)これも、「完読して自信がつくシリーズ本」に属する名作になりそうだ。のこり14巻、是非読んでみたい作品である。

 

ぼくはめいたんていAセット(全5巻セット)

ぼくはめいたんていAセット(全5巻セット)

 
ぼくはめいたんていBセット(全6巻セット)

ぼくはめいたんていBセット(全6巻セット)

 
ぼくはめいたんていCセット(全6巻セット)

ぼくはめいたんていCセット(全6巻セット)

 

 

#19 ぞくぞく村ののっぺらぼうのぺらさん

#19 ぞくぞく村ののっぺらぼうのぺらさん

ぞくぞく村ののっぺらぼうペラさん (ぞくぞく村のおばけシリーズ)

ぞくぞく村ののっぺらぼうペラさん (ぞくぞく村のおばけシリーズ)

 

息子的評価

・オススメ度 ★★★★☆

・おもしろ度 ★★★★☆

・ワクワク度 ★★★★☆

・感動的要素 ★☆☆☆☆

・勉強的要素 ★★☆☆☆

・読みやすさ ★★☆☆☆

・漢字の量  ★★★★☆(ふり仮名:一部有り)

(息子) 

ぞくぞく村の、のっぺらぼうのぺらさんは、カフェテリアの店長さん。そこに、悲しげな妖精のレロレロさんが来ました。レロレロさんがなにを注文するか、みんなが気になっていました。そのメニューから、レロレロさんが髪の毛を気にしていることがわかり、ぺらさんがその悩みを解決してあげようと、がんばるお話です。

 特におもしろかったのは、カフェテリアのメニューで、ホルマリンソーダとかナフタリンタルトとか、まずそうな食べ物です。

#18 おとのさま、ゆうえんちにいく

#18 おとのさま、ゆうえんちにいく

おとのさま、ゆうえんちにいく (おはなしみーつけた!シリーズ)

おとのさま、ゆうえんちにいく (おはなしみーつけた!シリーズ)

 

息子的評価

・オススメ度 ★★★★☆
・おもしろ度 ★★★☆☆
・ワクワク度 ★★★☆☆
・感動的要素 ★☆☆☆☆
・勉強的要素 ★★☆☆☆
・読みやすさ ★★★★★
・漢字の量 ★★☆☆☆(ふり仮名:有り)

(息子)

おとのさまが歩いている時、新しくできた遊園地の張り紙をみつけ、なんと行ってみたいということになった。おとのさまが観覧車やお化け屋敷やジェットコースターにのって 、いろいろと楽しむという作品。

#17 かいじゅうのさがしもの

#17 かいじゅうのさがしもの

かいじゅうのさがしもの

かいじゅうのさがしもの

 

息子的評価

・オススメ度 ★★★★☆
・おもしろ度 ★★★☆☆
・ワクワク度 ★★☆☆☆
・感動的要素 ★★★☆☆
・勉強的要素 ★☆☆☆☆
・読みやすさ ★★★★★
・漢字の量 ★★★☆☆(ふり仮名:有り)

忘れられていたかいじゅうのぬいぐるみが、ある時自分になにか足りないものがあると思い、それを探しにそとに旅に出る。カラスなどの動物にあって、探し物を訪ねるが、ピンとこない。。その時、ある少年に出会い、忘れていたのもが無くした片方のボタンの目ということに気づく。そして少年と仲良くなり、ボタンの目とともに、大切なものは友達だっていうことに気ずくというお話。

 久しぶりに心温まる作品にであった感じがした。最近はどうしても面白おかしいものに手が出てしまうが、ほのぼのとして優しくなれる気がした。

#16 注射がいちばん(名門フライドチキン小学校3)

#16 注射がいちばん(名門フライドチキン小学校3)

注射がいちばん (名門フライドチキン小学校 (3))

注射がいちばん (名門フライドチキン小学校 (3))

 

 ・オススメ度 ★★★★★
・おもしろ度 ★★★★★
・ワクワク度 ★★★★★
・感動的要素 ★☆☆☆☆
・勉強的要素 ★☆☆☆☆
・読みやすさ ★★★★☆
・漢字の量  ★★★☆☆(ふり仮名:一部有り)

 フライドチキン小学校の教頭先生がひどいカゼをひいたため、つべくるりん先生が巨大ですごく痛い注射器を持って登場。生徒たちは逃げ回るが、なすすべなく打たれてしまう。最後に忍者の格好をした生徒がのこり、つべくるりん先生との注射をめぐる戦いがおこるのでした。このやりとりが面白いとのこと。